A GOOD COFFEE


アカネ科の常緑樹、エチオピア原産のコーヒーノキ。北緯25°から南緯25°のコーヒーベルトと言われる熱帯地方において、約60ヶ国もの国々の高地で栽培されています。

 

コーヒーノキは白い花を咲かせ、その後、綺麗な赤い色をしたコーヒーチェリーと言われる実を成らします。完熟したコーヒーの実を収穫し、外皮と果肉を取り除き、乾燥させることでコーヒーの生豆が出来上がります。

 

生豆を火力によって煎り上げる作業を“焙煎(ロースト)”と言います。約200°前後まで熱を加える焙煎作業によって生豆の水分が除かれ、本来の味や香りが引き出された艶のある濃茶のコーヒー豆となります。


コーヒー豆を粉状にグラインドし、主にお湯を使いコーヒー豆の味の成分やエキスを抽出する事により琥珀色の飲み物“コーヒー”が出来上がります。

 

コーヒー豆の生産者・ロースター・ブレンダ―・バリスタなど、携わった多くの人々の思いが繋がり、一杯のコーヒーとなり、お客様のカップへ注がれます。

 

 

一杯の美味しいコーヒーは心なごむ素敵な時間のために..

 

 

 

 

 

Good Coffee Makes to Good Times


2017 6/4(SUN)

“にいがたコーヒープロジェクト”

NIIGATA COFFEE PROJECT START

 

新潟県立植物園と新潟のバリスタがコラボレーション。

にいがたコーヒープロジェクトが始まります。

「From Seed to Cup ~コーヒーの種からカップまで~」

をテーマとし、コーヒノキ栽培・収穫・焙煎・抽出に至る流れの

体験型セミナー・ワークショップ、イベント、などを通じて、

コーヒーの奥深さや楽しさを多くの方に感じてもらいたいという思いより、

植物(コーヒーノキ)・コーヒー焙煎・コーヒー抽出の各専門家が集まり、このプロジェクトを運営する「にいがたコーヒーラボ」を立ち上げました。

そのほか「NIIGATA COFFEE LABO」OPENなど、主に新潟県内のカフェ・コーヒー専門店の皆さまのご協力を頂き様々な活動を行って参ります。

地域の皆様に長く楽しみ親しんで頂ける活動をして参りたいと思います。

“にいがたコーヒープロジェクト”

どうぞ宜しくお願い致します。

 

NIIGATA COFFEE PROJECT  にいがたコーヒーラボ メンバー 一同

Copyright(c) 2017にいがたコーヒープロジェクト. All Rights Reserved.